ドレスで綺麗になる

福岡で神社挙式が人気の理由とは

福岡では最近、神社で神社挙式が人気を集めています。福岡で神社挙式が人気の理由としては、日本の伝統衣装である和服を着ることができることです。和服には、ドレスにはない奥ゆかしさや厳かさがあります。衣装と相まって、神社ならではの厳粛で荘厳な雰囲気が漂います。なので、かえって新鮮味があり、参列者の記憶に残りやすい式が挙げられます。その他の理由は、節約のためとも考えられます。そもそも神社挙式には、参加者の収容人数に限りがあります。一般的に50名程度しか、神社内に入ることができません。なので、親族のみの小規模な挙式となるので、予算を抑えることができます。

挙式に出席する時のマナーについて

福岡では、神社挙式を希望するカップルが増えています。しかし、神社挙式となると、どのような衣装で出席すれば良いのか分からない人が多いです。そこで、ここでは参列する際の服装について説明していきます。まず、基本的に神社挙式では、親族は和装の礼装を着ることがマナーです。ですから、男性の場合は紋付き羽織袴、女性は黒留袖を着用します。親族以外の友人の場合は、普通の結婚式と同様の衣装を着用すれば良いです。また、神社挙式では絶対に避けた方が良い服装があります。それは、過度に露出の多いドレスを着ないことです。たとえば、あまりにもスカートの丈が短かったり、胸が出そうな服です。また、殺生をイメージさせる動物の皮などを使ったアイテムも厳禁です。