教会の教えによる

結婚式のスタイルについて

教会式は、キリスト教の教えに則り行われる形式であり、教会などで行うスタイルである。日本における結婚式では、今日では最も行われるものとなる。 人前式は、宗教にとらわれない形式で行われる結婚式であり、特に固定の形式は無くフリーで行う形式である。 そして神前式は、日本古来のスタイルで行われる結婚式であり、神社で行うことが一般的である。最近では、ホテルなどに設置された神社で行うケースもある。神前式では和装が基本となり、例えば挙式は神社で執り行い、披露宴はホテルで洋装に着替えて行うなど、和と洋の両方を取りこんで行う場合も増えている。

結婚式の費用について

結婚式には、ゲストの人数や場所、日取りなどにより金額が異なってくる。また、結婚式の形式によっても費用が異なる。 教会式では、様々なプランが用意されており、その費用もプラン内容によって様々である。数十万円から数百万円程度が相場となっている。 人前式は、形式にとらわれずに挙式を行うため、場所や衣装にも縛りが無く、その分費用が安く済む傾向がある。 そして神前式では、神社への費用とその後披露宴を行う場合には、それらに関する費用が必要になる。神前式では、親族や近い友人など比較的小規模で行われるケースもあり、小規模で行うことで費用を抑えて行うことができる。また、最近では神前式の結婚式の人気の高まりから、プランも増え選択肢が増えている。